スポンサーリンク

電動歯ブラシを使い始めた。

スポンサーリンク

ぼくは虫歯がない。子どもの頃に歯が生え代わってから虫歯になったことがない。この虫歯がないことを密かに自慢したいと思っていたけれど、ところがどっこい甘かった。
 
4年ほど前に、最後に歯の検査をしてから10年くらい放っておいた歯もそろそろ保全につとめるべきかと思い立ち、歯医者に通うことにした。老人になっていくにあたって、歯だけはしっかり残しておきたいと思ったからだ。その4年前の時点では、虫歯がないのはもちろん歯茎の検査ではそれほど悪いこともなかった。しかしどうしようもないほど歯石が溜まっていたので、3ヶ月くらいかけて歯石を完全に取り除いて、以降半年に1回は歯医者に通うことになった。そのたびに歯茎の検査をして、さらなる改善が進んでいたつもりだったのだが、この2年くらい様子がおかしくなってきた。
 
グミなどを食べると異常に痺れるところがでてきた。これはヤバい虫歯だと思って速攻歯医者にいったのだが、虫歯ではないと言われた。とりあえず歯石があるから取り除きましょうということになり、また少し時間をかけて歯石を取り除き、次はPMTCというフッ素によるコーティングをした。PMTCは保険適用外だが5250円だった。
 
それからというものの、虫歯ではないということから安心して異常な痺れに耐える日々が続くことになる。そして定期検診のたびに、痛いところを伝えるのだけれど、そのたびに「虫歯ではない」と言われて、歯石を取り除いてPMTCというサイクルを2回ほど繰り返した。虫歯ではないという言葉を信じて現状維持が続いていくと、段々と痺れる部分に甘い物を持っていかない技を覚え始める。それでもたまに甘い物が痺れる部分にいってしまって、いててててててててっとなる。
 
しかし先月に突然歯の痺れに痺れを切らして、もういい加減違う病院に行こうと思い立った。思い立ったその日に違う病院に行って、ぼくは必死に「今までの歯医者さんでは虫歯なのに虫歯と言ってくれないんです」的なことを言ったのだけれど、その先生はぼくの口の中を覗いた瞬間に「虫歯じゃない」と言い始めた。一応レントゲンを撮るという話しになりレントゲンを撮ってもらったのだけれど、ぼくの骸骨に生えている歯はとても綺麗で、本当に虫歯は見あたらなかった。なので次にぼくは「じゃあなんでこんなに痛いのか」と先生に疑いの目をかけた。いつもと違う先生だから、すこしだけ強気になっていたと思う。
 
すると先生は淡々と軽やかに歯の痺れの原因を語り始めた。原因は歯周病。ぼくは歯石が着きやすいようで、奥の一部が歯周病になりかけているというのだ。どうして今までの歯医者でそれを教えてくれなかったのか、その先生もわからないと言っていた。ぼくが無視していたのか、もしくはその先生が適当だったのだろうか。
 
これはその先生に聞いた話しだが、今回のぼくのように、甘い物を食べて痺れるような痛みがする場合、歯医者自身でも自分が虫歯か歯周病かの判断ができないそうだ。痛みの原因は違うけれど、痛み方は同じということ。そして歯周病になっている歯茎はちょっとつついただけでも血が出る。ぼくが血を見たことがないのは、その部分を磨いてなかったから。ちゃんと磨いて血が出る場合、血が出ても気にしないでしっかりと磨かなければならないそうだ。つまり、血が出るのは磨きすぎが原因ではなくて、今まで磨けていなかったことが原因で血が出るような歯茎になってしまったということ。
 
ぼくは歯医者に通っていても歯茎を痛めてしまった。根本原因は普段の歯磨きが下手だからであった。見える部分を汚くしているつもりはないけれど、見えないところが綺麗になっていなかった。異常に痺れるのは奥の方だから、その通りなのだろう。それでも虫歯にならないというのは遺伝というか、都市伝説的にいえば、赤ちゃんのときに虫歯の人に移されなかっただけなのかもしれない。
 
このことが分かってぼくは、自身の手で磨くのを諦めて電動歯ブラシを買ってみた。1000円くらいの安いものから試してみようと思ったりもしたけれど、初めて使うのに安いものの印象を持ってしまっても仕方がないと思い、高すぎず安すぎもしない、5000円くらいのものを買った。Amazonで評判が良かったオムロンのシリーズで上位機種のものにした。もしもっと良い電動歯ブラシが欲しくなったらメーカーを変えるということになるので、いったんはこれで電動歯ブラシがどういうものかを知ることができるだろうと思う。
 
使ってみた感想は、あっという間に綺麗になるということと、確実に今までと違うところも磨いているということ。口に入れると思うよりも歯ブラシの震えが大きいのだけれど、それは本当はそのくらい幅広く磨く必要があるからだと思う。ぼくが今まで磨いていた範囲は狭かった。これでぼくは歯磨きが上手になったはずなので、次の歯医者の定期検診が少し楽しみになった。歯磨きが上手になりましたと褒められるといいな。