読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年9月から今日までの、10の振り返り。

 おひさしぶりです。

 ブログを毎日書くことを1年と数日目である9月25日で終えて、放っておいたらこのブログを読みに来る人もいなくなるだろうと思っていました。なのでなんなら新しく始めたほうが新たな読者の方に読んでいただける可能性が高いとさえ思っていました。
 しかし意外や意外1日あたりのアクセス数はほとんど変わっていませんでした。毎日書いていても、全然書かないで放っておいても変わらないのです。アクセス数としては毎日ほぼ100前後で、たまに200にいっていたり。200のときはいったい何があったのでしょう。botなどでも100くらいのアクセスになるとしたら、実はあまり読まれていない可能性もありますね。と、分析する時間はないので、いったんはここに書こうと思います。

ーー

 9月25日以降、この3か月と少しのことを振り返る。しかしとても1つの記事では収まらず、10のこと簡単に振り返ることとした。

(1) 引っ越しが終わり、ヘヤカツを推進しつつ、部屋づくりに励む。

 引っ越すところまでは書いていた。その後は最近テレビでも数回紹介されているヘヤカツ(「部屋を活かせば人生が変わる」「部屋を活かせば頭が良くなる」)の基本、掃除の道を通してなるべく毎日クイックルワイパーで部屋を一巡りするようにしている。その際に目について気になったものは即座に捨ててしまう。前の家では10年もの間段ボールに入れっぱなしのものなどがあったけれど、今後は段ボール収納は禁止することにした。元箱もできるだけ捨てる。何かを買ったら速攻つぶして捨てる。買っても使わなかったり、食べ物で美味しくなかったら捨てる。買ってすぐ捨てても壊れてるまで使っても腐るまで放っておいても、捨てるまでの時間に10年も差がないだろうと思うようにした。10年後捨てるなら今捨てる。
 また本の電子化がほぼ終わった。冊数は3000冊を超えていそう。いずれタイトルとともに一度整理したいところ。もしこれらを物体として持っていたら今の部屋に引っ越すことはできなかった。
 家具も少し入れ替えていて、高さを活かした配置にしようと思っていたけれど、猫の遊びを考えたところで、サイコロ型の棚をセットで買って階段状の収納にした。

(2) 映画を観る。たくさん観る。

 岩崎夏海クリエイター塾で映画を観ることを教わり、最初のいくつかは言われるがまま
に観ていたのだけれど、10月からは自分で気になった映画を観るようになった。10月、11月、12月と増えていっているのがわかるし、時間を許す限り毎日観るようになってきた。また12月には、映画をもっと楽しみたくなって大きめのディスプレイも買った。
 何を観たかを列挙してみる。感想を少しずつと思ったけれど、多すぎてどうしよう。ここにきて映画のブログを書けば良かったのではと気づき始める。

<9月まで>

ノーカントリー
二十四の瞳
「赤ひげ」

<10月>

カッコーの巣の上で
真夜中のカーボーイ
「告白 ファミリーレポート」
「ロッキー」
四月物語
アメリカの夜
「第九軍団のワシ」

<11月>

「うわこい」
「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」
(500)日のサマー
僕は友達が少ない
真夏の方程式
オール・ユー・ニード・イズ・キル
「バイロケーション」
「アイドル イズ デッド」
「ライムライト」
「無法松の一生」
「陽のあたる教室」
「バック トゥ ザ フューチャー1~3」
ハンナ・アーレント
七人の侍
「用心棒」
マイレージマイライフ」
2001年宇宙の旅
(アニメ)
「極黒のブリュンヒルデ」(テレビアニメ)

<12月>

希望の国
恋の罪
奇妙なサーカス
REGZA購入)
ねらわれた学園
「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」
ブレードランナー
「AURA 魔竜院光牙最後の闘い」
インターステラー」(劇場鑑賞)
時計じかけのオレンジ
ソーシャル・ネットワーク
「楽園追放」
009 RE:CYBORG
アクト・オブ・キリング
「さよなら、アドルフ」
「15歳、アルマの恋愛妄想」
自殺サークル
「スタンド バイ ミー」
名探偵コナン 戦慄の楽譜
ネブラスカ
「ゴーン・ガール」(劇場鑑賞)
「卒業」(ダスティン・ホフマン主演の映画)
(アニメ)
エルフェンリート
君のいる町
半分の月がのぼる空
江戸川コナンの失踪事件」

(3) 液晶テレビREGZAで映画を観ている。

 さきほどの映画鑑賞のために42型のREGZAを買った。ここにきてのめて地デジ対応テレビを購入。4Kにしようとも考えたけれど、さすがに7.5畳に対して42型以上は大きすぎる。また4Kでなくても4Kや8Kへのアプコン技術などによって2Kもその恩恵を受けていて高画質との評価の高さを選んだ。テレビを見る以外の機能もたくさんあって、全録のタイムシフトマシン機能も少し使ったけれど、見たい番組を事前に知らなければそれまでだろうということもあり、すぐにやめてしまった。またこの機会にオンデマンド配信のサービスに登録した。今はU-NEXTとhuluとTSUTAYA TVの無料期間で、よかったら契約したいと思っている。
 大きな画面で観るようになって気づいたのが、PS3のアップコンバートのすごさ。さすがに荒さが目立つようになるかと思ったけれど、そんなことなかった。パソコンではPowerDVD 14を使っていてアップコンバート機能がついているけれど、PS3のほうが自然に感じる。古い映画はブルーレイになっていない作品もあるけれど、画質についてそれほど気になることもない。気になるとすれば、エンドロールなどの文字くらいだった。

(4) ThinkPad X1 Carbon touchでブログを書いている。

 新しいパソコンを買った。合わせて作業用のテーブルも買った。引っ越して3か月くらいテーブルなしで過ごしていたのだ。
 ブログを毎日書いている間に買ったThinkPad Helixは、新しいタイプのトラックパッドに慣れきれず挫折したため、映画や音楽を再生する据え置きPCとなっている。代わりに買ったのがThinkPad X1 Carbon touch。ボタンがあるトラックパッドの最終器で、かつウルトラブックの立ち位置でもキーボードの打鍵感(キーストロークの深さ)に定評があるモデル。
 しかし買った直後は初期不良に悩まされて、1回は販売店で交換、2回目はメーカー修理でようやく先日まともに動くものを手にしたところで、この記事が初めてちゃんと書く文章だったりする。

(5) Nespressoでつくる珈琲がおいしくて家に居られる。

 珈琲が好きでよく一人でカフェに行くのだけれど、家にいるというコンセプトを推進する上で家でもおいしい珈琲を作れるようになりたいと思っていた。そこで目をつけたのがネスレバリスタだったのだけれど、見た目がださいのとカフェラテが作りにくそうなので他のを探していたら、一段上のNespressoを見つけてPIXIE (ピクシー)バンドルセットというモデルを買った。2万円弱でミルクの泡立てができるエアロチーノがついている。本体は小さくてかわいいし、レッドのカラーがかっこいい。実は使い始めてまだ2日目なのだけれど、良い買い物をしたと満足している。フレーバーのカプセルも豊富で、どれもおいしくて、長く楽しめそう。
 ちなみにNespressoとは関係ないけれど、電子レンジを持っていなかった。困ったら買おうとは思っている。

(6) 会社という組織の暗部を改めて思い知る。

 結局会社というのは足の引っ張り合いでしかない。組織をつくり協力しあって貢献する構成員の集まりではないことを思い知ることになった。これは自分が正当に評価されていたことには気づかなかったことだ。今回はある一人にだけ足を引っ張られたのだけれど、その理由はおそらく、ぼくが本音を口に出したからである。35歳なりの普通の悩みとして、自分はどうなりたいのか分からないと話したことが、「会社の意に反している」と捉えられた。ぼくは会社に対して自分の意志はなかったはずなのに、反しているという意味合いにとられてしまう。普通ならそんな悩みを口に出したりしないのだけれど、ちょっと試したくなってしまったのが間違いだった。会社に対して弱みを見せてはいけなかった。自分の弱みはブログなどに理路整然と書いて、会社では素知らぬ顔をしていればよかった。惜しいことをした。

(7) 継続は「経年劣化に抗う力の維持」である。

 2013年9月にブログを始める前まで毎日5キロ走っていたのだけれど、ブログを始めたことから時間がなくなり、週1に10キロ走るようにして体力を維持してきた。それが最近、隔週でも維持できることが分かった。風邪をひいてしまい1週飛ばしたのだけれど、いつものペースで走りきった。このようにやることが増えると優先度を下げざるを得ないのだけど、今までやってきたことをなかったことにするのはもったいないので、どんなことも緩やかに維持することを目指している。つもりだったけれど、ブログの更新をパタリとやめてしまっていた。なのでブログも今後は週1くらいで書く予定。じゃないと、今日みたいに大変なことになる。
 大人になると時間が短く感じる。それは毎日違うことを考える必要があるからだ。子供の頃のように、1日中ドラクエのことを考えて、日夜レベル上げをする日々を過ごすことはできない。
 自分の結果からすると「継続は力なり」とは言いにくいので、継続は身につけた力を維持することである、と言いたい。人は時間とともに劣化していくものであり、35歳のぼくは確実にその工程に入っている。毎日考えて取り組むことでレベルを上げることはできないけど、週1でレベルを下げない努力はできる。

(8) BiSを好きになった。

 解散ライブのBDで好きになった。きっかけは映画「アイドル・イズ・デッド2」である。
 プールイを中心とした彼女たちの目標である武道館を実現していない点で夢を叶えていないのかもしれないけれど、横浜アリーナで8000人集めたのは一種のサクセスストーリーだと思う。地下アイドルとしての始まりと、活動内容の大変さで大半のメンバがオーディションで入れ替わっていく物語の中での変わらないコンセプトに魅せられる。BiSの物語の仕掛け人でありマネージャーの渡辺淳之介と、音楽面でのプロデューサー松隈ケンタも、BiSを通じて独り立ちしている。
 アイドルにエモーショナルなロックを歌わせるというのは他のグループもやっているけれど、アイドルとしての演技や演出と、自らの作詞による歌唱に徹底した点においては方向性が違う。音楽性ではPASSPO☆も好きだけれど、まったく違う。
 あと最近、松隈ケンタが自社を立ち上げプロデュースをしているバンドTHE INTEGRAL POULTRYもいい。

(9) auiPhoneやめてデータ専用SIMカードでの運用を始める

 毎月出て行くお金を見直している。引っ越して家賃がぐんと上がったこともあるけれど、家を中心とした生活をする上で、必要かつ十分で、かつ楽しめるもので過ごしたい。毎月出て行くお金でわかりやすいのが通信費だろう。インターネットはフレッツのマンションタイプとキャンペーンで最初2年間の月額は実質1000円台にできた。
 続いて携帯。今までは、iPhone(au)、iPad miniIIJ mio、ガラケー(au)であった。この中で、日々の楽しみや便利のために必要だけれど契約を変えられるのはiPhoneであった。SIMロック解除アダプタを使ってDMM mobileを使う予定である。IIJで動作確認して申し込んだ。通信費としては、IIJ mioがSMSなし972円、DMM mobileがSMS付き874円でトータルで1900円くらい。あと仕事用に継続しているガラケーは1600円で無料通話が1000円分。ezwebやめればあと600円くらい安くなるので考え中。

 600円くらいと思いがちだけれど、minikuraへ200円で箱1個分の物を預けられることを考えると、600円は箱3個分の空間と等価なのだ。比較対象としては少しズルいのは分かっているけれど、そういうものだ。

(10)来年もよろしくお願いします!

 ここまできて力尽きた感が。
 2015年は真剣に生きる。ぼくの持っている力を使う、勇気と意志を持って、やるべきだと信じることをやっていきたいと思う。

 それでは、2015年もよろしくお願いします。

毎年やることを増やしてきた。

生活

 ブログを書くことが習慣になっていたようで、書かないまま今日の終わりが近づくと落ち着かなくなってしまった。書くことを忘れるということがなくなったから、今は書くことよりも書かないことの方が意識を必要とする。もう自分としては書かなくても大丈夫だと思っているのだけれど、そう思い切れない部分がある。どうでもいいことでも書いてしまえばいいじゃないかとさえ思ってしまう。
 ブログでは、自分を主語とした文章を書くということにチャレンジしてきたと思っていて、自分が主語にならないようなことを書かないようにしてきた。しかし自分が主語の文章など(自分としては)面白くないわけで、書いていて楽しかったかというと、別に楽しくもなかった。
 じゃあ1年も続けていた理由はなんだろう。自己満足や暇つぶしだろうか。いや違う。何も残らない人生からの逃避だと思う。ぼくのこの何もない人生の虚しさを、何かを実行することで凌いできた。30台に入ってから1年ごとに読書、ダイエット、筋トレ、ランニング、そしてブログとやることを増やしていくことで自分をコントロールしてきた。だからブログが1年経ったいま、新しいことを始めるときなのだ。

ブログを毎日書いて、1年が経過した。

ブログ

 昨日のブログをもって、毎日書いているこのブログは1年と1日を経過した。とにかく1年毎日書こうと心に決めて始めて本当に毎日書き続けられたというのは、自分を褒めても良いのではないかと思う。有言実行、これからは自由である。
 
 ひゃっほーい
 
 体調不良は何回かあったし、頭が回らなくて内容がまるでない、何を書いたらいいのかわからないという感じのことを書いたのは、5日に満たなかったと思う。
 記事を溜め込む時間すら無いので、1日にブログを書く時間を確保しなければならなかった。正月などのイベントを乗り越えて、会社の仕事で帰れなさそうになったりすることも乗り越えて続けることができた。最後の1ヶ月は1年前からぶつくさ言っていた引っ越しと職住近接を実現して、実はこっちのほうがブログを継続する以上の達成感がある。
  
 このブログのアクセス数はずっと100~200/日である。1年トータルで75159なので、平均すると200を超えるけれど、これは開始当初は500/日近くいっていたことがあるからだろう。アクセス数もそうだが、ブログ自体のことはあまり考えてこなかった。ブログ運営自体には興味がなかったようだ。はてなブログを始めればもっとブログ論とか、はてな界隈とか、興味が出るものかと思っていたけれど、そこにはいかなかった。他人のブログをあまり読まずに、インターネットも会社の仕事以外ではあまりやらない。インターネットでの活動としては致命的な性格をしているかもしれない。
 岩崎夏海クリエイター塾も、ブログを始めなかったら参加することがなかっただろう。クリエイションとはなんぞやということを教わり、クリエイターとはこういう人なのだと言うことを理解しようと試みている。そして、自分がクリエイターになりたいのか、クリエイターについて語る人になりたいのか、分岐点に立っているようにも思う。
 
 ひとまず1年間、読んで頂いた方々にお礼を言いたいと思います。ありがとうございました。これからも見守って頂けると嬉しいです。
 

55個19,300円分の粗大ゴミを処分した。粗大ゴミの処分は計画的に。

引っ越し 生活

 2回目の粗大ゴミの処理と、掃除をしてきた。結果的に購入した粗大ゴミ券は、300円が55枚、200円が14枚、合計19,300円となった。粗大ゴミ券を買い集めるだけでも、コンビニを数日に分けて7,8件は回ったと思うし、一時的に近所のコンビニから粗大ゴミ券がなくなったかもしれない。
 処分した物の数でいうと、300円×48個で、700円×7個、合計55個ということになる。200円券は価格を700円に対応するために使われている。粗大ゴミの対象になる物は、これは自治体にもよるが、ぼくがいた地域では一辺が30cm以上のものとなる。30cm以上でも目立たなかったり、解体できるものは普通ゴミに出してしまっていたが、本来は解体してもダメなのだそうだ。今回ぼくが処分したのはどう見ても粗大ゴミのものだけである。この55個の粗大ゴミを2日に分けて出したのだけれど、出す場所がないと大変なことになる。今日はなんとかマンションの敷地内に場所を見つけたが、少し距離があって、持って行くのにとても苦労した。先日は敷地の外に出して近隣の人に怒られた。
 今回のことから得た教訓は、粗大ゴミになるようなものをポンポン買わない、ということと粗大ゴミはこまめに出す、要らないと思ったらすぐに自治体に申し込んで処分するということだ。今はウェブでも申し込めるし、依頼方法を知るととても簡単な話だった。
 ちなみにこれを引越業者や不用品処分業者に見積をとると費用が13万円くらいになる。引越業者の不用品処分がなぜ高いかというと、作業員の数が必要なのとトラックがかなり大きくなるからである。さらに処分作業を廃棄業者に回す、その先もあるかもしれない。そうやって1つの物に対して費用が倍々でかかってくるそう。自治体の粗大ゴミは素材としてリサイクルするか自治体の処分場に回すなどするようだ。費用の例でいうと、カラーボックスという3段くらいの棚の場合、粗大ゴミだと300円だが、引越業者や不用品処分業者などだと3,000円になる。そうやって、ほとんどの品物の単価が5~10倍くらいになっている。冷蔵庫、洗濯機、エアコンは、家電リサイクル対象があるので、自治体には頼めないし、どこに頼んでも同じようなものとのことなので、引越の荷物が少なくトラックの大きさに影響しないということもあり引越業者に頼んだ。エアコンは取り外しの費用もあるり、見積書がどこかへ行ってしまったが、この3つで18,000円くらいだっただろうか。
 今回は引っ越し業者の営業の方が、がんばって自治体の粗大ゴミにした方が良いと助言をしてくれ、ここまで費用を抑えることができた。その分ぼくの時間と肉体を使ったことになるのだけど、単純に2,3時間力仕事をするだけで10万円くらいの削減ができたと思えば、良かったと思える。ご褒美に10万くらいで何かを買ってもいいと思ったけれど、それも粗大ゴミになるのかと思うと、慎重に使いたいものだ。
 あと今日は掃除もしてきた。DMMのいろいろレンタルで掃除機を借りて、何もない部屋をばんばん掃除してきた。何もなくなると新しい家の3倍くらいある。ここで家庭を築こうとしていたのだと思うと感慨深いものがあり、すこし涙目になってしまった、ような気がする。それよりも、好き勝手物を買いまくって、家をちょこちょこカスタマイズしていった、その後始末のめんどくささのほうが大きく、これからの生活観にしっかり活かしていかなければならないと、心を新たにしたところである。
 そして今週末にNTTの工事、レンタルした掃除機の返却、大家に鍵を返して、引越しは終わる。あと少しである。

ランニングを再開した。

ランニング

 新しい場所でランニングを再開した。再開と言っても、今は週1で10kmしか走っていないので、先週引っ越した週を飛ばしたのみである。しかしもう引っ越して1週間経ったのか。引越しを思い立ってちょうど1ヶ月くらいでもある。時間が経つのは本当に早い。

 ランニングを気持ちよく走るためには、まず、決まった場所を、距離を計った上で走るのがいい。できるだけ走る以外のことは考えない。周回だけ指に覚えさせる感じで、ただ無心に走ると、走り終わったあと素晴らしい安らぎを得ることができるのだ。

 今日の時点では道がまったく分からないため、道を探りながら走ることより道選びに気がいってしまう。しかも知らない道なので、おっかなびっくり走ることになり、リズムが一定しない。心の緊張と体の疲れはまったく違うものだが、胸の高鳴りはそれを理解せず、いってしまえば走っていても走っている気がしないという感じになる。

 これはもう、慣れるしかない。走る道を決めて、何回も走って、雰囲気を体に染みこませる。例えば、犬の散歩とか、人通りが全くないとか、そういう雰囲気を理解して、ルーチンワークのように走れるようになると、本当のランニングに近づいていく。

 今日は道選びに疲れてしまって、いつもの半分5kmくらいしか走れなかった。帰ってきた緊張がとけてくるとちっとも疲れておらず、不完全燃焼である。走るルートを決めるのに、週1のランニングでは時間がかかってしまいそうだから、しばらくは週2、3くらい走った方が良いだろうか。なんなら明るい朝のうちに走ってみてもいい。走ったあと会社に行って1日持つかどうかも、この際実験してみようか。