Admax


映画「ヒミズ」を観た。

スポンサーリンク

 映画「ヒミズ」を観た。これもまた、救われない物語だった。

 監督である園子温のメッセージは、震災後の未来を若者に託した、希望である。

 元々漫画のオリジナルに近い形での映画化を予定していたが、直前に3.11が起こったことにより、脚本は全て書き直して、無理矢理にでも震災と向き合うと決めた作品だった。震災そのものは背景ではあるけれど、そのものにフォーカスしているわけではなく、主人公の住田と茶川が、理不尽な大人や社会に翻弄される物語である。

 未来に希望を託した物語ではあるけれど、この物語の中で救われた人間はいない。住田と茶川があの瞬間愛しあっていたことが救いだとは、とても思えない。2人とも、救いというものからあまりにも遠い立場に置かれている。

 絶望するな、死ぬな、というメッセージは、昨日観た「それでも花は咲いていく」にも通じるものもある。同じ中村うさぎが紹介していた作品だから、そうなのかもしれないけれど。

 ドキュメント含めて観て監督や出演者の気持ちを聞いてしまっているため、純粋な本編の整理がうまくできていないけれど、とても素晴らしい映画であった。