Admax


大量の粗大ごみ。自分に必要なものは何か。

スポンサーリンク

 引っ越し業者と契約して、日程が決まり、金額もほぼ決まった。その際、廃棄物も見積に入れていたのだが、この廃棄物の見積が13万円近くになってしまったのだ。そこで引っ越し業者の人が提案してくれたのが、冷蔵庫とエアコン、洗濯機といった家電リサイクル対象の物以外で、自分で持てる物は区の粗大ゴミに出した方が断然安くなるとのこと。元々自分の力はなるべく使わないようにと思っていたのだけれど、引っ越し業者の人の丁寧な説明から、粗大ゴミを試してみることした。
 その引っ越し業者の人は、ぼくが猫を飼っているという話しに対応してくれたからその業者にしたことを先日書いたのだけれど、さらに今日、その人も猫を飼っていることを聞いて、さっきの粗大ゴミの件も話に乗ってみようと思ったのだった。実際に現場で作業をする人は違うというのは分かっているけど、やはり人というものが大事だと改めて思った。
 粗大ゴミのことを聞くのに大田区の粗大ゴミセンターに連絡して、色々と教えてもらった。粗大ゴミセンターや地域の清掃事務所と3回ほどやりとりして、何とか予約まで辿りつくことができた。
 普通のゴミと同じで曜日は決まっていて、指定時間までに出さなければならない。ただし品物は申請したものしか持って行ってくれない。弟に手伝ってもらおうと思ったのだけれど、なかなか時間が合わないようで、1人で持てるものだけに絞って、どうしても無理な物は引っ越し業者に頼むことにした。
 そして最後、粗大ゴミの連絡をして品物を伝えていくと、なんと50点近くになった。なので2日に分けて出すことにしたのだけれど、それでも苦労しそうだ。50点のなかでも、衣装ケースが15個、カラーボックスが8個と、大物が結構ある。そのにもカーペットやファンヒーター2個、机、空気清浄機、椅子3個、パーティション、などなど、どうしてこうなってしまったのだと愕然とした。粗大ゴミの総額は、1万6千円程度である。家電リサイクル対象を除いても9万円近く金額が変わったので、ここはひとつ大変でも自分で粗大ゴミを出すのを頑張ってみようと思うことができた。
 物がそこにあるのだから、いつか買ったのだ。この数年はこういう類のものを買っていないと思うのだけれど買ってしまっていたのだ。買ったということは必要だったのだろう。買った理由なんて思い出せるわけがない。当たり前だが必要だから買ったのだろうし。

 こうやってここ最近片付けばかりしているので、物を見るのが嫌になってきている。目の前に同じようなボールペンが2つあるだけで、ちょっとイライラするくらいに、どうしてその物がそこに存在するのかという、謎の問いかけすら始めてしまう始末だ。それでも持っていない箒を買いにいってみたり、物を増やしているのだ。物を買うことはいくら考えても堂々巡りで結論はでない。だから結論などないのだろう。今は何かを買うときに、使ったら捨てるということを考えて買うようにすることで、物を選んでいる。捨てるのが大変な大きい物はなるべく買わないということから、買わないとしたらどうするのかとも考えるようになった。 

 ぼくに必要なものは何か、存在するべき物は何か、考えていたらきりがないのだけれど、今はそれをじっくり考えるときなのだとして、しっかり考えてみたいと思う。