スポンサーリンク

狭い家から少し広い家、そしてまた狭い家へ。

スポンサーリンク

 体調は元に戻っているのだけれど、仕事以外はずっと引っ越しについて考えていて他のことを考えることがないから、ブログの内容に困り始めてくる。まだ引っ越し先が決まっていないというのもあるだろうか。その場合は来月から実家で暮らすしかない。実家は今自分が住んでいる家より狭い。父が土地を所有しているといっても、買ったのは25年前くらいで、今思えば時代が良くなかったのだろう。あの実家に家族4人が暮らしていたということが信じられない。子供部屋も4畳半、弟と2人で使っていた。戻ったらまた弟と一緒と思うと、それはちょっと避けたい。
 心理的に、一度広い家に住むと狭い家には戻るのに抵抗があると言われている。新しく探している家はもちろん今よりも狭い。今が40平米くらいで、探している家は20平米程度である。それでも相場的に家賃は今より高くなる。
 猫と2人暮らしで40平米も必要ない。といっても、先日20平米の家へ内見に行ったとき、正直狭いと思ってしまった。今があるだけに印象としては狭いけれど、使うスペースとしては十分すぎる。今の家だって物を捨ててしまった今、使っているのは20平米に満たないだろう。テーブルと棚と、大の字になれるスペースがあれば十分だ。なんだかんだ不満はあっても、狭い家と近い職場でトレードオフという感じもある。
 なんだからとりとめのない話になってしまったが、早く新しい家が決まってくれないかと思う。