スポンサーリンク

疲れたから、片付けをする。

スポンサーリンク

 ただの日記です。疲れてしまったのか、朝から身体が動かず、昼前まで寝てしまった。起きた後は、思い立って片付けを始めた。大晦日くらいにしか見直すことのない押入に着手。昨年末からちょうど半年が経つということもあり、押入の中身を捨てる閾を1つ超えた。

 今まで持っているものの元箱を取っておいたのだけれど、この元箱を捨てることにした。説明書や付属品も、今まで箱に入っていたようなものも捨ててしまうことにした。箱をバラしながら、ゴミ袋2つ分、詰め込んだ。それでもまだSONYAppleの元箱が残っている。好きなものは見てしまうと捨てられなくなる。

 昔自作していたパソコンもバラしてゴミ袋に入れた。できるだけ小さく細かくすることで普通のゴミとして捨ててしまおうという魂胆である。それでも自作のパーツが結構たくさんあって、昔はパソコンが好きだったのかなと思ったりした。そのパソコンでやってたことって、なんだっけ。正直思い出せない。ハイスペックなパソコンが必要となるゲームはやらなかったし、パソコンを組み立てることが趣味だとすれば、そういうものだろうか。

 去年ベッドを処分するときに、買うときは捨てる場面までイメージして買うべきだと思うようになった。残りの大物は棚と机なのだけれど、今の家には空っぽになった棚がたくさん残っていて、引っ越すときには引き取ってもらう必要がある。リサイクルできるものは無料、リサイクルできないものは有料となるのが一般的らしい。

 そうだ。欲しいという人がいれば、引き取って欲しいくらい。自分が必要のないものを押しつけるような形になり、すこし恐縮するが、送料だけご負担頂くという条件で、もしこのブログを読んで気になった方いましたら声をかけてください。長年置きっ放しで状態は良くないと思うので、写真もお送りします。

 朝から身体が動けなかったわりには、このほかに見つけたCD類の整理とか本の自炊とか、できることを淡々とやっていた。時間があるときはもっと創造的なことをしたいと思うけれど、案外こういうときはできないものなので、身の回りのちょっとしたことが前に進む感じで、今日は良かったのだと思う。