Admax


シンプルな生活のために捨てるべきものを考える。

スポンサーリンク

 このブログのテーマでもある、「モノを持たない生活」を目指すにあたっての基本的な考え方について書いてみたいと思う。

 設問はこちらの記事を参考にしている。
「シンプルな生活のために捨てるべき8つのモノ」

 本当は8つ全てについて書きたいのだけれど、8つのうち4つは、今のぼくにあまり関係がないため、今回は考えていない。

1.思い出の品

 思い出の品をどうするか?基本的に、今のぼくの家には「思い出の品がない」ので、考える必要がなかった。実家に帰れば写真などがあるだろうけれど、それを敢えて見に行くということは、今のところない。

 もし思い出の品があったら、どうするだろうか。その思い出が、思い出したいものだとしても、思い出の品だけが残った場合、その思い出の品を直視し続けることができるだろうかと考えてしまう。モノがたくさんあったとして、思い出の品というのは、そのなかに埋もれてしまうのではないかと思う。もっといえば、思い出の品を今あるもので見えなくして、思い出を隠しているということはないだろうか。

2.Tシャツ(とその他の着ない服)

 インナーと会社用のワイシャツに関していえば、洗濯を1週間のサイクルで回しているので、1週間分持っている。あと予備が2枚ある。スーツや普段着は、それぞれ2着に絞り込んでいる。基本的には2着を振り分けて着ているけれど、たまにどちらか一方をクリーニングに出すというサイクルで回す。ちなみに皮靴も普段履く靴も2種類ずつだった。

 スーツについていえば、かつては5日毎日違うスーツを着られるようにしていたけれど、一度サイズが変わり、また5着買い直すということを経験したときに、サイズ以外はまだ普通に着られる服を捨てる不毛さを感じていた。今は買い直した5着から気に入っているスーツ2着選んで、他は捨ててしまった。

 2着しかないと、会社などでの印象としては、いつも同じ服を着ていると思われているかもしれない。しかし汚れたり臭ったりしていない限りは、いつもちょうどいいスーツを着ているのだから問題ないだろう。人は中身だというつもりはないが、人は着ている服でもない。

 スーツに関わらず、服は2着くらいにしておけば、サイズを変えるのも簡単だし、いくら1着を丁寧に着ていたとしても5着を着回しているようには長持ちしないので、短いサイクルで買い換えることになることで、まだ着られるといって古い服を着ていることもなく新鮮でいられると思う。

3.CDとDVD

 ぼくの唯一の趣味とも言える音楽鑑賞の元となるCDは、古い物ほど捨てられないという結論に至っている。特に90年代までのCDは捨てられなかったので、今はminikuraに一時的に預けて保留している。曲のデータは全てHDDに無圧縮データとして保存しているから、聴く機会を失ったわけではない。できるだけTSUTAYAやDMMレンタルを使い、レンタルしていないCDを買ってもすぐにHDDに取り込み、そのままリサイクルするか、よっぽど手に持つ機会があるものでない限り捨てている。ぼくはPC+ヘッドホンアンプやウォークマンで聴く環境を整えているので、CDで聴くということはないのだから、いまやCDはデータ受け渡しの媒体でしかなくなったといえる。最近ではCDより情報量が多いハイレゾ音源が配信されるようになったので、ぼくは将来的にCDを買うよりハイレゾ音源を買うようになるだろう。

4.本
 
 本も、今はほとんどを電子化してしまった。2011年くらいから始めて電子化された本や雑誌は2000冊を超えていた。ここまでくると一生読まないものもあるだろう。だけどそれを捨てられないのなら、電子化して眠らせてしまったほうが気持ちが楽だった。紙の本は愛着が沸くという考え方もあるけれど、現在は本も印刷機による大量生産品であり、希少本など例外があるかもしれないが、世の中にたくさん同じ物があるといってもいい。

 これとは別の観点で、将来もしかしたら誰かに勧めてみたい本があるかもしれない。しかしぼくは本を貸すことができない。だから、貸すことで押し付けることもない。もし本当に興味を持ってもらえたら、新しい本を買ってプレゼントすればいいし、ぼくは貸すよりもプレゼントするほうが気持ちがいい。あげてしまえば返してもらう必要もないし、読んだか確認する必要もなくなる。

 また本は家のインテリアとして置くことで部屋の雰囲気を良くすることができるかもしれない。 ぼくは本が好きなので、とても理解できる。しかしそこまで大切になる本には、まだ出会えていない。今でも電子化できていないクラフト・エヴィング商会の本は、それに近いかもしれない。これから将来的に、本を紙の本として置いておきたいと思うような本に出会うことが楽しみでもある。 


 今回はここまで。

 以下の項目のものは、そもそもあまり持っていないので、今のところあまり考えていない。

5.スポーツ用品
6.バッグや旅行かばん
7.キッチン用品
9.便利でもなければ、きれいでもないモノ