スポンサーリンク

2014年1ー3月期のアニメを見始める。

スポンサーリンク

ぼくはアニメが好きでアニメが始まる時期になると気になるアニメを全部nasneで録画しておく。そして週末や休みの日にそれらを見る。

アニメの原作となることが多い漫画やラノベをそれほど知らないので、タイトルと絵柄と直感で作品を選ぶ。なのでたまにとても有名になるけど観ないものも出てくる。例えば「進撃の巨人」なんかは、とても人気があるようだが、タイトルがつまらないので観なかったし、これからも観る気がしない。

それではぼくはどういうアニメを観るのだろう。なぜアニメを観ているのだろう。今日はこの点はひとまず置いておいて、今期観ているアニメを書いてみようと思う。

1話を観て続きが観たいと思えるアニメしか紹介するつもりはない。1話毎の終わり方も大事だ。その点「あの夏で待っている」「さくら荘のペットな彼女」「WHITE ALBUM2」は毎話のエンディングがとても素晴らしい作品だった。今期、これらほどの作品は今のところない。あと、まだ1話を観ていないものもあるから、これからも増えるかもしれない。

絵が好きで観てみた。神様の人が阿良々木くんにしか思えない声はしかたないとして、女の子の物語と神様の物語が2重掛けになっているような感じで入り込みやすくて先が気になった。

「とある飛空士の恋歌」
映画になった「とある飛空士の追憶」が好きだったから楽しみにしていた。「追憶」が終始おとなしい感じだったのに比べて、「恋歌」のほうはまだ明るい。「恋歌」というタイトルから、恐らく切ない物語になっていくのだろうと想像している。

なんかよくわからないけど、かわいくておっぱいが大きい。日常系アニメというのだろうか。なにも考えずに観られるアニメをぼくはあまり観ないのだけれど、また観たいと思った不思議なアニメ。

山本寛のアイドルアニメということで観てみた。映画の宣伝なのか分からないけど、映画がアニメの前日譚のようになっているようだ。実際のアイドルが盛りだくさんで、アニメもアイドルがどうにかなるアニメが多い。ラブライブアイドルマスターなどは興味がなかったけれど、これはどうだろう。