Admax


「WHITE ALBUM2 CONCERT」に行ってきた。

スポンサーリンク

今日11/24、東京国際フォーラムで行われた「WHITE ALBUM2 CONCERT」に行ってきた。12:00~と17:30~の2公演ある、12:00のほうに参加した。
 
2月にあった「WHITE ALBUM2 LIVE」と違って、全席固定のコンサートホールでの開催で、ぼくはライブ的なノリに乗れないタイプなので、落ち着いて聞くことができて嬉しかった。ぼくは1階席の真ん中より少し後ろくらいの席で、録画しているカメラと同じくらいの位置だった。会場に真っ直ぐ行って、始まる30分くらい前から座ってホールを眺めていた。運が良かったのか、ぼくの左右には誰も座らず、最初から最後までゆったりとしていられたのも幸運だと思う。
録画は会場入口から撮影していて、中に入ってからもカメラを構えている人がいたので、ぼくも微妙に映ってしまったはず……。もしBlu-rayなどが出たら、自分が見ていた目線を再現できて、さらに鮮明に見られるかもしれないと思うと、少し楽しみである。ぼくが映っていないことを願うけれど(最初に更新したあと、3月に映像化予定であることがわかった。
 
12:00なると、アニメで流れているバージョンの「見果てぬ夢」が流れてきて、一気に涙がこみ上げてくる。そして1曲目は当然「届かない恋」である。オープニングの盛り上がりがそのままバンドサウンドで押し寄せてくる。米澤円の最初の2曲と最後の1曲だけ立ったけれど、それ以外は座ったまま聞いていた。上原れなも津田朱里も、米澤円も、歌唱力がとても安定していて、音とのバランスも素晴らしく、歌詞もきちんと聞き取れて感動もひとしおだった。
 
大好きな曲が生のバンドとストリングスで、目の前で歌われている。音楽を聞くためのホールで音響も素晴らしかったのだろう。鳥肌が立ちっぱなしで、思わず目を瞑って聞き惚れてしまった。アニメのかずさのピアノを弾いている松本あすかのピアノも、とても素敵だった。特に「あの頃のように」は、「WHITE ALBUM 綴られる冬の想い出」に近い、ピアノ+ストリングスバージョンで感動的であった。
 
好きな曲は全部と言いたいところだけど、あえて曲が流れ始めるだけで震えてくる曲として選ぶならば、「After All ~綴る想い~」「Twinkle Snow」「幸せな記憶」「優しい嘘」「恋のような」「さよならのこと」「POWDER SNOW」である。あと、ドリームコミュニケーションの「大切な君へ」もラジオのエンディングでしか聞いたことがなかったけど、コンサートで初めてちゃんと聞いて、とても良かった。いつかCD化して欲しい。
 
「WHITE ALBUM2」は、PC版からPS3版とやってきて、今アニメを見ていて、今月出るVITA版でもやる。何回やってもきっと苦しくなる。結末は分かっているけれど、全てが分かっていなかったことに気づくだろう。アニメは当然物語が圧縮されているし、ゲームをやっていても感動できるくらい様々な工夫がされているし、とても洗練されているように思う。毎話かならず感動するし、エンディングに向かう盛り上げ方がたまらない。これからまたVITA版をやると、もしかしたら冗長に感じる部分があるのかもしれないけれど、好きな物語は何度でも味わいたいものだ。メインヒロインの2人以外も、好きだから、やっぱりまた全ての物語を辿りたいと思う。

 

「WHITE ALBUM2」は、ありきたりな、誰も死なない、もしかしたらどこかにあるかもしれない世界である。けれどみんなが一生分傷ついて傷つけあっていく。あの人が掴む幸せとはなんだろうと思いながら、見守りたい物語が、たくさん詰まっている。

 

 (関連記事)
とどまることのない心の震えを「WHITE ALBUM2」で