スポンサーリンク

本を読んでいる。

スポンサーリンク

本を毎日読んでいるので、読んだ本について書いていればきっとブログは終わらないわけだけど、本のことを書くのは難しい。このブログではヘヤカツの本のことを書いているけれど、それは実践的だから自分のこととして書けている。

しかし読書全般についていえば、実践できることが良いこととは限らない。身につけようとか実践しようと考えることが足かせになって、素直に受け取れなくなることもある。本は、ただそこに内容があるだけで、ぼくが何を考えてきてこれから何を考えるかなど、本来は一切関係ない。本の内容に何か意見しようとか、自分の経験の延長として何かを得ようとか、さらには感想を書こうとする行為が、本の可能性を狭めてしまう。本を読んだあとにすぐ理解できて、そこから得た考えを言葉にできるような簡単な本が面白いとも思えないのだ。