Admax


SONY ウォークマン NW-F880シリーズ(NW-F887)を買った。

スポンサーリンク

今朝、Amazonで予約していたSONYのウォークマン、NW-F887が届いた。

f:id:tmkzhtn:20131020000235j:plain

とても小さな箱で好感が持てた。この箱を捨てるか捨てないかは、すこし迷うところ。これまではNW-A860シリーズ(NW-A867)を使っていた。

セットアップは他のAndroidのスマートホンと同じで、アカウント設定からだ。家の無線LANに接続して登録するのだが、メールとか連絡先の同期は必要ないし、せいぜいアプリぐらいなのだけど、セットアップすると最初は自動的に同期してしまった。

f:id:tmkzhtn:20131020000255j:plain

ぱっと見はAndroidのスマートホンにしか見えない。iPhone5と比較しても、縦幅が多少小さいくらいで、横幅と厚みがほとんど変わらないから、とても手に馴染む。ぼくは黒を買ったのだが、持った感じも気持ちが良い。ホワイトのほうが手触りが良いという意見もあったが、今回はブラックのイヤホンが欲しかったので、本体もブラックにした。NW-A867のときは、ピンクに惚れたためイヤホンがホワイトだった。

操作した感じは、音楽専用機だったAシリーズのほうが、音楽ファイルへのアクセスが楽で、Walkmanアプリから音楽フィアルへアクセスするには単純にタップ数が多いため、多少まどろっこしい。

ウォークマンの画面が消灯してスリープ状態に入ると、復帰するためには本体上部の電源ボタンを押す必要があり、また一手間かかることになる。標準だと次にロック画面をスライドしないといけないのだが、ロック画面は設定で解除してしまった。Android端末としてはセキュリティを考えて数字かパターンでロックをかける必要がある。しかしぼくは、音楽を聴くために持っているウォークマンは、できるだけ音楽へ手間なくアクセスしたい。

NW-F887をウォークマンとして快適に使うということを考えたい。Androidのセキュリティより使い勝手を良くしたい。メインのGoogleアカウントを紐付けてしまうと、アプリの情報や個人情報が簡単にアクセスできることになり、万が一盗難にあってしまった場合などの被害が甚大になる。したがって、ウォークマン用にアカウントを取得することにした。

肝心の音質は付属のイヤホンやMDR-EX600、ハイレゾ対応のヘッドホンMDR-1Rで試しているところである。音の感触はまた後日、書こうと思う。

それと最初に、発売日前に発表されていたアップデートをあてた。

f:id:tmkzhtn:20131020000312j:plain