Admax


モノを持たない生活の目指し方

スポンサーリンク

大まかには昨日書いたようなことを意識して、必要ないものは目の前から消していく。これは部屋を占めるモノの容積が大きいものから着手すると効果が分かりやすくていい。

ぼくは当初、ダンボールの単位で捨てていった。なぜなら必要のないモノを効率良く配置するためにダンボールに詰め込んでいたかだ。ダンボールに入れておくもので必要ないモノってなんだろうと今では思うことができる。

その大物はだいたい終わった今、細かいものについてもどうにかしたい。細かいものこそ、いつか使うかもしれないし小さいからいいやと思いがちだが、これもフィルターにかけてしまう。

そのために今日から、使う予定がないものをひとまず透明な箱に放り込むことにする。その透明な箱から出して使ったものは箱の外に置き、1ヶ月ないし3ヶ月箱から出さなかったモノは箱ごと捨ててしまう。捨てるときに中身を確認することはしない。